SEO対策は古いスタイルでは内部対策に

SEO対策は古いスタイルでは内部対策にかなりのコストを裂いていました。

しかし今日では検索エンジンがコンテンツ内容を殆ど吸い上げているため故意にキーワードを指定しても意味が有りません。

内部対策で行うことはコンテンツの分類を表すことぐらいに意味が低下しています。

分類とは、アダルト、医療、旅行等漠然とした業種や規制範囲がわかるものです。

一方外部対策は今でも有効です。こちらはアフィリエイト化して関連企業やブロガ経由で外部からのリンク比率を上げることができるからです。

検索エンジンは外部リンク数をカウントしています。外部リンク数が多ければ重要なコンテンツと見なされます。

更にSEO対策の重要な要として外部リンクに含まれるテキストに検索でユーザが使用すると思われる文字列をしっかり埋め込むことです。

最近の検索エンジンはXHTML内のセマンティック解析を実施しています。

検索エンジンがXHTMLをセマンティック解析し外部リンクの文字列部分が検索エンジン側に取り込まれます。

検索エンジンはこの結果を参照し、検索文字列に対してでより外部リンクによる参照が多いコンテンツを採用するようになります。